中札内ってどんなところ? 日本で最も美しい村の1つ

北海道の道東エリア、その中でも農業と酪農が盛んな十勝エリアに「中札内」があります。
「日高山脈が望め」「十勝平野が広がり」「星空がきれいな街」そんな自然豊かな村が中札内村です。

中札内村は「日本で最も美しい村連合」というものに加盟しており、美しい村です!
夏には上札内の村民でお金を出し合って花火大会をしたりと、人と人の横の繋がりがあり、人とのつながりもあたたかい村です。

十勝平野が広がる
美しい風景

澄んだ夜空に輝く
満天の星空

三浦牧場ってどんな牧場? 牛にやさしい三浦牧場

当牧場は昭和31年から続く牧場で、5世代に渡って酪農業を営んでおります。
搾乳牛150頭、育成牛100頭を飼育しており、牛の健康、牛の幸せを考え、人を幸せにする食料を生産するという考えを大切にしております。
「牛の幸せを」という考えなので、牛を叩く・怒鳴るような行為は絶対にありません。

また、2006年から集約放牧を取り入れ、栄養価の高い牛乳生産を目指しています。
搾乳牛と乾乳牛には輸入飼料は与えず、エコフィードをあたえています。
エコフィードとは食品の残さを活用した飼料です。資源・環境を大切にするとともに牛を大切に飼育することを意識した経営をしています。

「自分たち生産者が飲みたい牛乳を作る!」、「安心で安全な美味しい牛乳を作る!」を合言葉に酪農に向き合っています。

みんな優しいから
牛と仲良し

自分たちが飲みたい
安心で安全な美味しい牛乳

CONCEPT 環境に優しく持続可能な酪農

当牧場は、「環境に優しく持続可能」がコンセプトの牧場です。
その為、牛には、環境負荷の高い輸入穀物ではなく、
北海道産飼料のみ
を与え、草地には、化学肥料や農薬を必要最低限に施用しています。

また、子牛を搾乳できる状態まで飼育を委託するという方法がありますが、当牧場は育成牛の飼育も最初から最後まで行っております。

牧場概要
代表者 三浦政信
住所 〒089-1371
北海道河西郡中札内上札内東1線344-8
電話 0155-69-4686
従業員数 5名
飼育牛 250頭(搾乳牛150頭、育成牛100頭)
経営面積 80ha
施設 ミルキングパーラー、フリーストール牛舎
三浦牧場へのアクセス

札幌からのアクセス

帯広までJRで行く
JR札幌駅 → 帯広駅(特急スーパーとかち)
帯広駅 → 徒歩(5分) → 第一病院前バス停(十勝バス) → 中札内養護学校入口
帯広までバスで行く
札幌駅バスターミナル → 帯広バスターミナル
帯広バスターミナル(十勝バス) → 中札内養護学校入口

夏季放牧中は特に景観もよく、スーパーや役場へ10分、帯広に30分程で行けるので便利です。

お問い合わせ
お電話でのお問い合わせ
0155-69-4686
メールでのお問い合わせ
応募・お問い合わせフォーム